• ご利用案内
  • 当店について
  • 仏像の選び方
  • よくある質問
  • お客様の声
仏像の服装の意味
仏像の服装の意味

仏像はたくさんの種類があり、色々な服装をしています。質素な服装の仏様もいれば、派手できらびやかな仏様もおられます。一体どのように見分ければいいのでしょうか。
仏教の開祖であるお釈迦様は、王子として生まれましたが、全てを捨てて出家をしました。出家後、国を出てすぐに猟師と出会い、着ている物を交換しました。猟師の服はつぎはぎの粗末な衣装であり、その衣装が袈裟(けさ)の始まりだといわれています。袈裟(けさ)はサンスクリット語でカシャーヤといい、その言葉を音写したのが袈裟(けさ)であります。
最初期仏教の修行僧はごみためや路地などに捨てられたぼろきれを拾い集めて、よく洗ってからこれを縫い合わせて、四角い衣を作り、それを身にまとっていました。これを糞掃衣(ふんぞうえ)といいます。あらゆる煩悩から離れているのを表すためにこれを身につけます。 お布施とは昔の布は手織りで大変高価だったので、それをお供えの1つとして使われました。
それから厳しい修行を経て、遂に悟りを開かれました。
仏像は大きく分けて「如来」「菩薩」「明王」「天」という「四大種別」に分けられます。

如来の服装

如来はそのお釈迦様(釈迦如来)がモデルとなっていますので、菩薩とは違って装飾品はなく、納衣(袈裟)と裳(も)だけを身につけています。衣の着衣方法は2種類で通肩(つうけん)と偏袒右肩(へんだんうけん)といいます。通肩(つうけん)は腰に裳(も)を巻きつけ、納衣(袈裟)を着ます。両腕を袈裟(けさ)の下に通す形で、両肩を覆います。偏袒右肩(へんだんうけん)は右肩を露出し、左肩にのみ衣の端をかけますが、日本の仏像には右肩にもかける変則的な偏袒右肩(へんだんうけん)もあります。腰には裳(も)と呼ばれるスカートのような衣類をきています。大日如来は如来でありますが、例外的に菩薩のお姿をしています。

菩薩の服装

菩薩はお釈迦様が出家する前の王族時代のお姿をされているので、きらびやかなお姿をしています。宝冠をかぶり、瓔珞(ようらく)=ネックレスをつけ、腕釧(わんせん)=ブレスレット、臂釧(ひせん)=上腕の飾り、足釧(そくせん)=足飾りを身につけています。これらは現代的にいうとアクセサリーといえます。さらに条帛(じょうはく)といって薄手の布を左肩から右脇腹に斜めにかけています。腰には裳(も)と呼ばれる下半身を覆うスカート状の衣類をきています。菩薩の中でも地蔵菩薩は例外として僧形のお姿であります。

明王の服装

明王も菩薩と同じく、服装と装飾品はよく似ています。上半身に条帛(じょうはく)を下半身に短い裳(も)を身に付けています。さらに菩薩と明王のお姿としての差異は、明王は手に武器を手にしているのと、忿怒相(ふんぬそう)であることです。明王の中でも孔雀明王は例外として忿怒のお姿ではなく柔和なお顔をされています。

天部の服装

天部のお姿は様々あり、菩薩のようなお姿から武人形のような姿まで多岐にわたります。色々な服装をしていますが、現世の人間に近いお姿をしています。四天王や十二神将は甲冑に身をかためていますし、貴婦人のお姿をしている天部もおられます。

「仏像の服装の意味」まとめ

例外はありますが、「布以外何も身につけていないのが如来」で、「きらびやかなお姿が菩薩」、「菩薩と似ているが忿怒のお姿で、手に武器を持しているのが明王」、「そのどれにも当てはまらないお姿が天」といえるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
list of goods当店の仏像一覧

釈迦如来

釈迦如来

仏教の開祖であり、仏様として唯一実在した人物。様々な教えが実践されているが、その全ての中でお釈迦様が信仰されている。

阿弥陀如来(アミターバ・アミターユス)

阿弥陀如来(アミターバ・アミターユス)

西方の極楽浄土の教主で、密教においては五仏の一尊に数えられる。極楽往生・福徳長寿のご利益があるとされる。

薬師如来(薬師瑠璃光如来)

薬師如来(薬師瑠璃光如来)

薬師如来は古来より病気平癒を主として、現世利益を司る仏様であることから、日本では「お薬師様」として広く親しまれています。

ヴァジュラサットヴァ(金剛薩た)

ヴァジュラサットヴァ(金剛薩た)

菩薩の代表格で、金剛(ダイヤモンド)のように堅固な菩提心を持つと称される。密教の付法相承の第二祖である。

持金剛

持金剛

後期密教では大日如来に代わって金剛薩たが五仏より上位に置かれる持金剛へと発展し、最高の尊格となりました。

文殊菩薩(マンジュシュリー)

文殊菩薩(マンジュシュリー)

仏様の知恵を司る菩薩で、卯年の守り本尊である。知性向上、学業成就などのご利益があるとされる。

観音菩薩(観世音菩薩・観自在菩薩)

観音菩薩(観世音菩薩・観自在菩薩)

慈悲を象徴する菩薩で、衆生を救済するために、様々なお姿に変化する。世界中で人気がある仏様である。

多羅菩薩(ターラ)

多羅菩薩(ターラ)

観音菩薩が衆生を救い尽くせないことのために流した涙から生まれたとされる仏様。チベット仏教圏内では圧倒的な人気があります。

弥勒菩薩(マイトレーヤ)

弥勒菩薩(マイトレーヤ)

弥勒菩薩は未来仏といって、今は私たちの世界にはいないが将来必ず出現する、未来の仏様として厚い信仰を集めています。

不動明王(不動尊・お不動さん)

不動明王(不動尊・お不動さん)

大日如来の化身であり、五大明王の中心尊である。お不動さんの名で親しまれ、根強い信仰がある。

毘沙門天(多聞天)

毘沙門天(多聞天)

四天王の一尊で仏法を守り、独尊として信仰されている。七福神のひとつに数えられ、商売繁盛などのご利益があるとされる。

聖天(歓喜天)

聖天(歓喜天)

多くは象頭人身の姿で表され、除災招福や子授けのご利益があるとされる。聖天さんと呼ばれ厚い信仰を集めている。

インドラ(帝釈天)

インドラ(帝釈天)

帝釈天はバラモン教の神が仏教に取り入れられ、護法神となったものです。初期では梵天と帝釈天は仏教を護る神されてきました。

大黒天(マハーカーラ)

大黒天(マハーカーラ)

元々は破壊の神でしたが、仏教に取り入れられた後、日本では七福神の一尊として加えられ、人気のある福の神となりました。

ミラレパ

ミラレパ

ヨーガ行者・詩人としての名声が高く、現在でも「ミラレパ伝」「十万歌謡」は多くのチベット人に愛読されています。

パドマサンバヴァ(グルリンポチェ)

パドマサンバヴァ(グルリンポチェ)

八世紀に活躍したインドの在家密教行者で、チベットに密教を伝来させた偉大な行者で、今でも厚い信仰を集めています。

せん仏(ツァツァ)

せん仏(ツァツァ)

小さな仏像や塔を掘り込んだ木型や鋳型に粘土を押し入れ、それを天日干しをして乾燥させたものです。

FAXでのご注文商品に関するお問い合わせ


杉山 学

こんにちは。仏教アートギャラリー多羅堂の杉山です。
大阪市西区新町で仏像専門店を営んでおります。多羅堂は仏像の専門知識を持ち、僧侶の僧籍を持った私が運営する、仏教美術の専門店です。仏像は色んな種類や材質の違いがあり、選び方が難しく、また価格帯も様々です。
多羅堂では専門店ならではのわかりやすい説明、電話相談など、日本一安心できるお店を目指し日々精進しています。

Top