• ご利用案内
  • 当店について
  • 仏像の選び方
  • よくある質問
  • お客様の声
本格仏像の産地「ネパール」
ネパールについて

仏陀であるお釈迦様の故郷であるとされるネパールは、日本から空路で直行便はなく、アジアの主要都市を経由します。片道約8時間半程のフライトとなります。ヒマラヤのお膝元、ネパールでは世界最高峰エベレストを有するヒマラヤ山脈が大迫力でご覧になれます。カトマンドゥはネパールの首都で、標高約1330m、約500万人が暮らしていて、国の政治・経済の中心地です。日本とは違い、一日の半分は停電しています。ネパールには300万以上の神様がいるといわれています。寺院や街角を歩いていると色々な神様が祀られています。仏教の仏様やヒンドゥー教の神様など多様です。日本の仏様と同じ仏様でも姿や形が少し違っていたりします。その違いは非常におもしろく興味深いです。またネパールの同じ仏様でも手が2本だったり4本だったりすることもあります。驚くのはその世界に類を見ない特異な寺院建築や美術品の量です。どこか懐かしいレンガ造りの街並みは中世の世界にタイムスリップしたような雰囲気が漂っています。

ネパールの仏像

ネパールには多くの仏師が住んでいて、毎日多くの仏像が各地に届けられております。その歴史は非常に深く千年以上前から造られてきております。インドやチベットとも関係が深く、チベットから多くの巡礼者がカトマンドゥに訪れたり、仏教美術を学んでいたりしたそうです。そしてネワールの仏教美術や工芸品は、チベットの仏教圏に輸出されるようになりました。

ロストワックス技法

ネパールの仏像は様々な素材で造られます。それは石像、塑像、木像などです。さらに金銅仏の仏像は金属製の仏像のことで、用いられる素材の多くは銅製です。造り方としては「ロストワックス技法」といわれる技法で造られます。ロストワックス技法とは、蝋を利用した鋳造方法の一種で、奈良の大仏もこの方法で造られました。一つの型から一つの仏像しか造ることができないために大変貴重です。
この技法は歴史が深く、古くは紀元前のメソポタミアから始まったとされます。ネパールの仏像鋳造法は、仏教の故郷インドから伝えられましたが、現在は技術が衰えて、ネパールから技術をいわば逆輸入しています。ネワール族は大昔からカトマンドゥ盆地に住み着いていて、都市文明を築いてきました。木彫り技術や金属工芸は世界的にもとても有名です。

ネパール大地震について

ネパールの木造仏像については、その多くは郊外の村に住む仏師から仕入れさせていただいております。彼らも2015年4月の大地震で多くの被害を被ったそうです。その村の寺院は倒壊していました。この地震の強震によってネパールでは建物の倒壊、雪崩、土砂災害などにより甚大な被害が発生しました。ネパールの建造物の多くはレンガ積みの耐震性のない脆弱な構造のものが多く、生き埋めになってしまった人々がたくさんおられ、この地震でネパールの人口の約30%にあたる約800万人が被災されたそうです。また歴史的な建造物や世界遺産の寺院などの多くが修復不可能な損傷を受けました。地震から1年以上過ぎましたが、まだまだ完全に復興は進んでいないようです。

本格仏像の産地「ネパール」まとめ

多羅堂も皆様に仏像の魅力を知って頂き、魅力的なものを届けることが出来るように精進を重ねていきたいと思っております。そして微力ながら復興のお手伝いを出来るように精進していきたいと思っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
list of goods当店の仏像一覧

釈迦如来

釈迦如来

仏教の開祖であり、仏様として唯一実在した人物。様々な教えが実践されているが、その全ての中でお釈迦様が信仰されている。

阿弥陀如来(アミターバ・アミターユス)

阿弥陀如来(アミターバ・アミターユス)

西方の極楽浄土の教主で、密教においては五仏の一尊に数えられる。極楽往生・福徳長寿のご利益があるとされる。

薬師如来(薬師瑠璃光如来)

薬師如来(薬師瑠璃光如来)

薬師如来は古来より病気平癒を主として、現世利益を司る仏様であることから、日本では「お薬師様」として広く親しまれています。

ヴァジュラサットヴァ(金剛薩た)

ヴァジュラサットヴァ(金剛薩た)

菩薩の代表格で、金剛(ダイヤモンド)のように堅固な菩提心を持つと称される。密教の付法相承の第二祖である。

持金剛

持金剛

後期密教では大日如来に代わって金剛薩たが五仏より上位に置かれる持金剛へと発展し、最高の尊格となりました。

文殊菩薩(マンジュシュリー)

文殊菩薩(マンジュシュリー)

仏様の知恵を司る菩薩で、卯年の守り本尊である。知性向上、学業成就などのご利益があるとされる。

観音菩薩(観世音菩薩・観自在菩薩)

観音菩薩(観世音菩薩・観自在菩薩)

慈悲を象徴する菩薩で、衆生を救済するために、様々なお姿に変化する。世界中で人気がある仏様である。

多羅菩薩(ターラ)

多羅菩薩(ターラ)

観音菩薩が衆生を救い尽くせないことのために流した涙から生まれたとされる仏様。チベット仏教圏内では圧倒的な人気があります。

弥勒菩薩(マイトレーヤ)

弥勒菩薩(マイトレーヤ)

弥勒菩薩は未来仏といって、今は私たちの世界にはいないが将来必ず出現する、未来の仏様として厚い信仰を集めています。

不動明王(不動尊・お不動さん)

不動明王(不動尊・お不動さん)

大日如来の化身であり、五大明王の中心尊である。お不動さんの名で親しまれ、根強い信仰がある。

毘沙門天(多聞天)

毘沙門天(多聞天)

四天王の一尊で仏法を守り、独尊として信仰されている。七福神のひとつに数えられ、商売繁盛などのご利益があるとされる。

聖天(歓喜天)

聖天(歓喜天)

多くは象頭人身の姿で表され、除災招福や子授けのご利益があるとされる。聖天さんと呼ばれ厚い信仰を集めている。

インドラ(帝釈天)

インドラ(帝釈天)

帝釈天はバラモン教の神が仏教に取り入れられ、護法神となったものです。初期では梵天と帝釈天は仏教を護る神されてきました。

大黒天(マハーカーラ)

大黒天(マハーカーラ)

元々は破壊の神でしたが、仏教に取り入れられた後、日本では七福神の一尊として加えられ、人気のある福の神となりました。

ミラレパ

ミラレパ

ヨーガ行者・詩人としての名声が高く、現在でも「ミラレパ伝」「十万歌謡」は多くのチベット人に愛読されています。

パドマサンバヴァ(グルリンポチェ)

パドマサンバヴァ(グルリンポチェ)

八世紀に活躍したインドの在家密教行者で、チベットに密教を伝来させた偉大な行者で、今でも厚い信仰を集めています。

せん仏(ツァツァ)

せん仏(ツァツァ)

小さな仏像や塔を掘り込んだ木型や鋳型に粘土を押し入れ、それを天日干しをして乾燥させたものです。

FAXでのご注文商品に関するお問い合わせ


杉山 学

こんにちは。仏教アートギャラリー多羅堂の杉山です。
大阪市西区新町で仏像専門店を営んでおります。多羅堂は仏像の専門知識を持ち、僧侶の僧籍を持った私が運営する、仏教美術の専門店です。仏像は色んな種類や材質の違いがあり、選び方が難しく、また価格帯も様々です。
多羅堂では専門店ならではのわかりやすい説明、電話相談など、日本一安心できるお店を目指し日々精進しています。

Top