• ご利用案内
  • 当店について
  • 仏像の選び方
  • よくある質問
  • お客様の声
チベット仏教とは

チベット仏教とはどのような仏教なのでしょうか。ニュースや本、インターネットなどで、その最高指導者であるダライラマ法王を目にすることも多いと思います。
13世紀にインドで仏教は滅亡しましたが、仏教の本家本元は、お釈迦様が生まれたインドであります。2500年前に王子として生まれたお釈迦様は、出家をした後に厳しい修行を経てブッダガヤの菩提樹の下で悟りを開かれました。その後80歳で入滅されるまで各地で教えを説かれました。偉大な指導者は素晴らしい生涯を経て80歳で亡くなられましたが、今日でもお釈迦様の教えが世界中で実践されています。チベットは位置的にもヒマラヤ山脈を越えてインドの北隣で、インドの直系の純粋な仏教を受け継ぎ、今日まで守り伝えております。
日本の密教は、中国経由で密教が伝えられ、分類をするとインド中期密教の流れであります。それに対して、チベットの密教はインド後期密教の流れをくみ、タントラ仏教とも呼ばれます。
日本とは違い顕教のみの宗派はなく、全ての宗派が密教を伝えています。
チベットはインドの密教が最後まで忠実に伝えられ、さらに現在もその息吹が残っている所であります。

チベット仏教とは
チベットへの仏教初伝

チベットへの仏教初伝については、様々な伝説が語られていますが、本格的な伝来は、8世紀の後半にインド哲学の巨匠シャーンタラクシタと密教成就者パドマサンバヴァ(グルリンポチェ)を招いて土着の神々を調伏させ、最初の大僧院となるサムイェー寺を建立しました。 パドマサンバヴァはチベット密教の四大宗派の一つニンマ派の開祖です。現在ではグルリンポチェと呼ばれ宗派を超えて崇拝されています。
その後インド系大乗仏教と中国系禅仏教との対立や、さらに王室関連の抗争などによる仏教弾圧が行なわれ、ランダルマ王の殺害以後、仏教は暗黒の時代に入りました。

仏教界を指導した「アティーシャ」とはどんな人?

11世紀になると、インドから入国して仏教界を指導した偉大な仏教学匠であるアティーシャとその弟子のドムトンらによって戒律復興運動が起こりカダム派を開きました。タントラ密教を体系化し、チベット仏教の興隆させる基盤を築きました。カダム派は後にツォンカパのゲルク派へと吸収されました。9世紀半ばに廃仏政策をとるラン・ダルマ王が現れ、仏教は王室の外護を失い受難の時代を迎えました。

カギュー派・サキャ派の誕生

11世紀後半までに四大宗派であるサキャ派とカギュ派が誕生しました。この時代にはミラレパのような大聖者やサキャパンディタをはじめとする大学僧が輩出してきましたが、あいにくにもこの時期には、本家であるインド仏教は衰退へ向かい、13世紀初頭にイスラム教徒の攻撃を受け、滅亡を余儀なくされてしまいます。
13世紀の中頃、チベットはモンゴル帝国の襲来を受け、軍事的には屈服せざるを得なかったのですが、宗教面ではモンゴル人をチベット仏教に帰依させる結果となり、チベットはやがて独立を回復することができました。
カギュ派はマルパ訳経官を開祖とします。チベット最高の詩人で日本でも比較的知られているミラレパ=シェーラプゲルツェン(1040〜1123)はチベットの密教行者で、チベットにおける四大宗派の一つのカギュー派の第二祖であります。
「大印」(だいいん)や「ナーローの六法」などの秘法を修得し、灌頂(かんじょう)が与えられ最高の悟りを得て、高名なヨーガ行者となっていきました。僧院で起居することなく、洞窟での瞑想中心の生活に身を置き、数々の弟子を育てました。ヨーガ行者・詩人としての名声が高く、現在でも「ミラレパ伝」、「十万歌謡」は多くのチベット人の愛読されています。
2000年にインドのダラムサラへ亡命したカルマパ17世はカギュー派の座主であります。
サキャ派は在家の行者であったコンチョクゲルポ(1034〜1102)によって創始されました。サキャ派の4代座主サキャ・パンディタ(1182-1251)はモンゴルで布教を行い、チベット仏教がモンゴルに浸透し、やがて内陸アジアに広大なチベット仏教圏を誕生させました。

ツォンカパとはどんな人?

そして14世紀後半には、ツォンカパという偉大な宗教家が現われ、インド後期の中観思想や戒律などを一大体系にまとめあげました。これによってチベット仏教は、思想哲学の面でも実践修業の面でも、極めて充実した内容をもつに至ったのであります。
これまでチベットは多くの偉大な仏教学匠が活躍されてきましたが、ツォンカパは両立が難しいとされてきた顕教と密教を矛盾なく統合した結果、これによって顕教、密教、大乗、小乗全てを統合する偉大な体系をつくりあげました。
17世紀中頃、ダライ・ラマ法王をチベット全土の政治や宗教にわたる最高指導者とする体制が確立され、古代王国が崩壊してから分裂状態にあったチベットは、再統一を果たしました。

「チベット仏教とは」まとめ

チベット仏教は、モンゴル、中国にまで広められ、アジア大陸随一の国際的な宗教に成長しました。
ダライ・ラマ14世は中国の圧制に耐えかねて、1959年に北インドのダラムサラに亡命しました。現在もチベット人の信仰対象としてダライ・ラマは平和を訴え続けておられ、1989年にはノーベル平和賞を受賞しました。
チベットは仏教を精神的な基盤に、広い地域の間で文化交流が進み、その一大中心地として繁栄を極めました。
チベット仏教は大きく別けて4つの宗派があり、これら4つの宗派全体の頂点に立っているのが、ダライ・ラマ法王です。ダライ・ラマ法王は最大宗派であるゲルク派に所属しているともいわれていますが、特定の宗派に属することなく、4つの宗派の超越的な最高指導者と位置づけられています。チベット土着の宗教であるボン教を含めると5つの宗派となり、日本でいう神道にあたります。
日本とは違い顕教のみの宗派はなく、全ての宗派が密教を伝えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
list of goods当店の仏像一覧

釈迦如来

釈迦如来

仏教の開祖であり、仏様として唯一実在した人物。様々な教えが実践されているが、その全ての中でお釈迦様が信仰されている。

阿弥陀如来(アミターバ・アミターユス)

阿弥陀如来(アミターバ・アミターユス)

西方の極楽浄土の教主で、密教においては五仏の一尊に数えられる。極楽往生・福徳長寿のご利益があるとされる。

薬師如来(薬師瑠璃光如来)

薬師如来(薬師瑠璃光如来)

薬師如来は古来より病気平癒を主として、現世利益を司る仏様であることから、日本では「お薬師様」として広く親しまれています。

ヴァジュラサットヴァ(金剛薩た)

ヴァジュラサットヴァ(金剛薩た)

菩薩の代表格で、金剛(ダイヤモンド)のように堅固な菩提心を持つと称される。密教の付法相承の第二祖である。

持金剛

持金剛

後期密教では大日如来に代わって金剛薩たが五仏より上位に置かれる持金剛へと発展し、最高の尊格となりました。

文殊菩薩(マンジュシュリー)

文殊菩薩(マンジュシュリー)

仏様の知恵を司る菩薩で、卯年の守り本尊である。知性向上、学業成就などのご利益があるとされる。

観音菩薩(観世音菩薩・観自在菩薩)

観音菩薩(観世音菩薩・観自在菩薩)

慈悲を象徴する菩薩で、衆生を救済するために、様々なお姿に変化する。世界中で人気がある仏様である。

多羅菩薩(ターラ)

多羅菩薩(ターラ)

観音菩薩が衆生を救い尽くせないことのために流した涙から生まれたとされる仏様。チベット仏教圏内では圧倒的な人気があります。

弥勒菩薩(マイトレーヤ)

弥勒菩薩(マイトレーヤ)

弥勒菩薩は未来仏といって、今は私たちの世界にはいないが将来必ず出現する、未来の仏様として厚い信仰を集めています。

不動明王(不動尊・お不動さん)

不動明王(不動尊・お不動さん)

大日如来の化身であり、五大明王の中心尊である。お不動さんの名で親しまれ、根強い信仰がある。

毘沙門天(多聞天)

毘沙門天(多聞天)

四天王の一尊で仏法を守り、独尊として信仰されている。七福神のひとつに数えられ、商売繁盛などのご利益があるとされる。

聖天(歓喜天)

聖天(歓喜天)

多くは象頭人身の姿で表され、除災招福や子授けのご利益があるとされる。聖天さんと呼ばれ厚い信仰を集めている。

インドラ(帝釈天)

インドラ(帝釈天)

帝釈天はバラモン教の神が仏教に取り入れられ、護法神となったものです。初期では梵天と帝釈天は仏教を護る神されてきました。

大黒天(マハーカーラ)

大黒天(マハーカーラ)

元々は破壊の神でしたが、仏教に取り入れられた後、日本では七福神の一尊として加えられ、人気のある福の神となりました。

ミラレパ

ミラレパ

ヨーガ行者・詩人としての名声が高く、現在でも「ミラレパ伝」「十万歌謡」は多くのチベット人に愛読されています。

パドマサンバヴァ(グルリンポチェ)

パドマサンバヴァ(グルリンポチェ)

八世紀に活躍したインドの在家密教行者で、チベットに密教を伝来させた偉大な行者で、今でも厚い信仰を集めています。

せん仏(ツァツァ)

せん仏(ツァツァ)

小さな仏像や塔を掘り込んだ木型や鋳型に粘土を押し入れ、それを天日干しをして乾燥させたものです。

FAXでのご注文商品に関するお問い合わせ


杉山 学

こんにちは。仏教アートギャラリー多羅堂の杉山です。
大阪市西区新町で仏像専門店を営んでおります。多羅堂は仏像の専門知識を持ち、僧侶の僧籍を持った私が運営する、仏教美術の専門店です。仏像は色んな種類や材質の違いがあり、選び方が難しく、また価格帯も様々です。
多羅堂では専門店ならではのわかりやすい説明、電話相談など、日本一安心できるお店を目指し日々精進しています。

Top