• ご利用案内
  • 当店について
  • 仏像の選び方
  • よくある質問
  • お客様の声

【仏画(タンカ)】金剛薩た 仏像 仏画

販売価格 6,000円(内税)
SOLD OUT

商品内容

商品名【仏画(タンカ)】金剛薩た 仏像 仏画
サイズ高さ43cm×横幅32.5cm
仕様材質:木綿
仕上げ:肉筆
商品お届けの目安時期4〜7営業日
※お急ぎの場合は別途ご連絡ください。可能な限り対応させていただきます。(買付けなどで対応が難しい場合を除く)
※納期は変動する場合がございます。正式な納期は、受注確認メールにてお知らせさせて頂きます。
【仏画(タンカ)】金剛薩た 仏像 仏画
▲ 全体
【仏画(タンカ)】金剛薩た 仏像 仏画
▲ 正面アップ
【仏画(タンカ)】金剛薩た 仏像 仏画
▲ 下部アップ
【仏画(タンカ)】金剛薩た 仏像 仏画
▲ 中央

金剛薩たについて

金剛薩たの仏画です。この絵一つで、お部屋の雰囲気がスピリチァルな癒しの雰囲気になります。
仏様にそっと護られているような、そんな気がいたします。肉筆ですので独特の味があります。
額付きですのですぐに飾ることができます。

仏画の特徴

彫刻であらわした仏像に対して、絵画であらわした仏の画像を仏画といいます。色々な種類があり、礼拝や法会に用いられる独尊で描かれた仏や、仏・菩薩の尊像画やそれらの集合である浄土図などあります。
日本の仏画は平安時代以降に密教画の隆盛が起こりまして、両界曼荼羅をはじめとする各種の曼荼羅や独尊像が多く作られました。
両界曼荼羅は胎蔵曼荼羅と金剛界曼荼羅よりなり、いずれも大日如来を中心として多数の尊像を配置します。
その他の曼荼羅としては修法の目的に応じて選ばれた尊像を中心とする別尊曼荼羅と呼ばれるものがあります。
平安時代中頃から浄土信仰の影響を受けて阿弥陀来迎図を主流とする浄土教画が流行していきました。
平安末期から鎌倉時代にかけては仏教説話画や、中国渡来の禅宗絵画などが興隆しました。

タンカについて

チベット仏教美術においても彫刻と絵画が主流であり、その絵画は「タンカ」(thang-ka)と呼ばれ、チベット仏教の仏画の総称であり、チベットを代表する美術品です。
タンカはチベット仏教の伝播にともない、モンゴルや中国内地でも制作されるようになりました。 タンカという呼称は、主にチベットで作られたものを指しますが、チベット仏教を信仰するモンゴルや中国でも製作されます。ネパールの掛軸はしばしばポーバーと呼ばれますが、タンカとも呼ばれます。ネパールの仏画絵師はしばしばチベットに赴き、チベット仏教徒の為にタンカを描いてきた歴史もあります。
種類としては阿弥陀如来・薬師如来・観音菩薩・文殊菩薩などの通仏的な仏たちや、各宗派の祖師や仏伝・曼荼羅、諸尊や歴代ラマやを樹木の形態に集合させた絵画のタンカなどがあります。
タンカは顔料で描かれることが多く、織物、刺繍、アップリケ、木版画で描かれることもあります。
顔料で描く場合、下地には布が使われます。無地の木綿布を使い、この布の上に白土と膠を混ぜたものを塗り込み、表面を平滑にしてから絵を描きます。
この処理は顔料の剥離を防ぐためです。顔料は天然鉱色材や科学的な色材が用いられる場合がありますが、天然の顔料は非常に高価で、しばしば科学的な色材が用いられます。
各尊像の比率は細かく決まっていて、タンカ絵師たちはそれぞれの師匠から指導を受けます。

金剛薩たについて

金剛薩たはサンスクリット語でヴァジュラサットヴァといいます。ヴァジュラとは金剛の意味で、サットヴァを音写したのが薩たです。
金剛(ダイヤモンド)のように堅固な菩提心の威力であらゆる煩悩を破壊するといわれています。
菩薩とは菩提薩た(ぼさいさった)を略した言葉ですが、その意味というのはさとりを求める人々ということです。これに対して、金剛薩たは金剛のような不動堅固な菩提心を持つ人々という意味であります。
菩薩の代表格とされ、密教においては付法相承(ふほうそうじょう)の第二祖であります。
金剛薩たは一切衆生が菩提心を発するきっかけを作る菩薩で、大日如来の悟りを我々に伝える重要な役割として人格化された智慧の象徴です。
右手に金剛杵を持ち、左手に金剛鈴をもちます。
金剛杵とはもとはインドにおける武器の一種でしたが、仏教に取り入れられ、密教の代表的な法具となり、いかなる煩悩や苦悩も破壊するとされています。
金剛とは永遠に壊れないものという意味であり、漢字名からは最高の硬度を持つ杵となります。
金剛鈴は修法の時に諸尊を驚覚(きょうがく)し、喜ばせるために鳴らす鋳銅製の楽器の一種です。
金剛杵の一方に深い鉢を伏せたような鈴身を作り、中に棒状の舌を釣り下げ、振り動かすことによって舌が鈴身の口縁を打って音を発っします。
柄は、五鈷(ごこ)、三鈷(さんこ)、独鈷(とっこ)などの種類がありますが、普通には五鈷鈴が最も用いられています。
金剛鈴は定めに従ってこれを振って鳴らすのですが、これを振鈴といい、振鈴には驚覚(きょうがく)・歓喜(かんき)・説法(せっぽう)の三義があるとされています。
驚覚(きょうがく)とは修法に際して、定に入っている本尊や諸尊を呼び覚ますことであり、歓喜とは文字通り諸尊に音楽を供養して喜ばせること、そして説法とは衆生への説法であり、いうならば人語を超えた説法であります。
もとはインドにおける風習で、客人を招いて、客が席に着き終わると先ず音楽を奏して喜ばせたものであります。 鈴の音楽がよく人の心を喜ばせるところから、金剛鈴は歓喜を象徴するものとされています。 金剛薩たはいわば如来になろうと努力をするわれわれの代表であります。

金剛薩たの見方について

菩薩は悟りを開いて仏(如来)になる資格がありながら、衆生に近いところにあえてこの世界にとどまって救済することに奮闘する存在であり、原語のボディ・サットヴァは一つには出家前のお釈迦様、すなわち王子であった時代のお姿をモデルとするため、古代インド時代の王族のファッションが元になっています。 装飾品を多く身につけ、裳というスカートのような衣類を着ています。胸飾りや、宝冠、上腕にはめた臂釧(ひせん)、前腕の腕釧(わんせん)、イヤリングに相当する耳環(じかん)などで飾ります。如来とは違いとてもきらびやかなお姿をされているのが特徴です。
菩薩の中に地蔵菩薩がありますが、中国・日本では例外として僧形で表されます。 金剛薩たは密教美術の上で、インド、チベット、中国、日本すべての仏教圏においてほぼ同じ姿をしています。 必ず右手に金剛杵を持ち、左手には金剛鈴を持って左膝の上に置いています。 日本の図像は金剛鈴の開口部が下を向くのに対し、チベット・ネパールの作品では開口部が下を向くのが一般的です。金剛杵の持ち方も、日本では右手を拳にして胸の前に置き、逆手に金剛杵を持ちますが、現在のチベットの流布図像は、右の掌を胸の前に仰向けて、金剛杵を中指の先で垂直に立てるスタイルです。 持物である金剛杵は衆生を救済するほとけの慈しみの力と衆生の悲しみを取り除く力を示す道、いわゆる方便を意味します。そして金剛鈴は真理を悟る智慧(般若)も象徴され、その音色は仏様の説法ともいわれます。 妃を伴う父母仏(ヤブユム)の作例も見られ、妃を抱擁するポーズをしています。

商品内容

商品名【仏画(タンカ)】金剛薩た 仏像 仏画
サイズ高さ43cm×横幅32.5cm
仕様材質:木綿
仕上げ:肉筆
商品お届けの目安時期4〜7営業日
※お急ぎの場合は別途ご連絡ください。可能な限り対応させていただきます。(買付けなどで対応が難しい場合を除く)
※納期は変動する場合がございます。正式な納期は、受注確認メールにてお知らせさせて頂きます。

おすすめ商品


FAXでのご注文商品に関するお問い合わせ


杉山 学

こんにちは。仏教アートギャラリー多羅堂の杉山です。
大阪府大阪市西区南堀江(スパイス茂内)で仏像専門店を営んでおります。多羅堂は仏像の専門知識を持ち、僧侶の僧籍を持った私が運営する、仏教美術の専門店です。仏像は色んな種類や材質の違いがあり、選び方が難しく、また価格帯も様々です。
多羅堂では専門店ならではのわかりやすい説明、電話相談など、日本一安心できるお店を目指し日々精進しています。

Top