• ご利用案内
  • 当店について
  • 仏像の選び方
  • よくある質問
  • お客様の声

【香合仏(こうごうぶつ)】文殊菩薩(妙吉祥菩薩)小さな仏像4.5cm

型番 2018/06
販売価格 2,500円(内税)
購入数


商品内容

商品名【香合仏(こうごうぶつ)】文殊菩薩(妙吉祥菩薩)小さな仏像4.5cm
サイズ高さ4.5cm×横幅3cm
仕様材質:木製
仕上げ:
商品お届けの目安時期4〜7営業日
※お急ぎの場合は別途ご連絡ください。可能な限り対応させていただきます。(買付けなどで対応が難しい場合を除く)
※納期は変動する場合がございます。正式な納期は、受注確認メールにてお知らせさせて頂きます。
商品名を記載
▲ 【香合仏(こうごうぶつ)】文殊菩薩(妙吉祥菩薩)小さな仏像4.5cm 全体
商品名を記載
▲ 【香合仏(こうごうぶつ)】文殊菩薩(妙吉祥菩薩)小さな仏像4.5cm 表面
商品名を記載
▲ 【香合仏(こうごうぶつ)】文殊菩薩(妙吉祥菩薩)小さな仏像4.5cm 裏面
商品名を記載
▲ 【香合仏(こうごうぶつ)】文殊菩薩(妙吉祥菩薩)小さな仏像4.5cm 閉じた状態

【香合仏(こうごうぶつ)】文殊菩薩(妙吉祥菩薩)小さな仏像4.5cmについて

【香合仏(こうごうぶつ)】文殊菩薩(妙吉祥菩薩)小さな仏像4.5cmは卯(う)年生まれのお守り本尊です。
木製の守り仏で、細かな部分もしっかりと彫られております。
お守り仏として携帯して頂き、御自身をお守り頂いているような安心感を感じられると思います。

香合仏について

香合とは焼香や抹香、塗香などのお香を収納する蓋付きの小さな容器で、そのような見かけから香合仏(こうごうぶつ)と呼ばれ、その外見は身と蓋からなる小さな仏龕(ぶつがん)です。
僧侶などが旅行の際に礼拝するために携帯したとされています。 従って懐中仏(かいちゅうぶつ)ともいいます。
ご自身の守り本尊をお選びいただいたり、信仰する仏様や、ご自身のお好きな仏像をお選びいただければと思います。
守り本尊とは十二支に対応してあり、生まれた年の干支によってそれぞれ十二支守り本尊が定まっております。

十二支守り本尊について

■子(ね)年生まれのお守り本尊は「千手観音」です。 千手観音とは蓮華王とも称されるまさに観音の中の観音といった菩薩です。我々の数々の願いを叶え、悩みを救ってくださいます。
■丑・寅(うし・とら)生まれのお守り本尊は「虚空蔵菩薩」です。 虚空蔵菩薩とは、広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持ったありがたい菩薩です。十三詣りの本尊としても有名で、子供の多福・開運を祈って、男女とも数え年13歳でおこなう祝いです。
■卯(う)年生まれのお守り本尊は「文殊菩薩」です。 文殊菩薩とは、「三人寄れば文殊の知恵」といわれるように、知恵を司る仏様です。右手に智慧を象徴する利剣(宝剣)を持ち、左手に経典を乗せた蓮華を持ちます。釈迦三尊の一尊でもあります。
■辰・巳(たつ・み)年生まれのお守り本尊は「普賢菩薩」です。 普賢菩薩とは、普く賢い菩薩といった意味で、理知・慈悲を司る行動力のある仏様です。文殊菩薩と共に釈迦三尊の一尊でもあります。
■午(うま)年生まれのお守り本尊は「勢至菩薩」です。 勢至菩薩とは、大勢至菩薩とも呼ばれ、智恵の光をもって我々を照らしてくださる仏様です。阿弥陀三尊の一尊でもあります。
■未・申(ひつじ・さる)年生まれのお守り本尊は「大日如来」です。 大日如来とは、あらゆる仏の中で最高位にあると言われていて、全ての仏の根源的な存在です。神仏習合では天照大神と同体と解釈されます。
■酉(とり)年生まれのお守り本尊は「不動明王」です。 不動明王とは、明王の一尊で、大日如来の化身と言われています。「お不動さん」の名で親しまれ、我々を守護し、不浄を焼き尽くすとされています。
■戌・亥(いぬ・いのしし)年生れのお守り本尊は「阿弥陀如来」です。 阿弥陀如来とは、極楽浄土の教主で、人々を成仏させるための誓願をたてられました。全ての方に光明をもって慈悲の光を照らしてくださいます。

菩薩の特徴

菩薩とはもともとお釈迦様の修行時代の呼び名で、正しくは菩提薩た(ぼさいさった)といいます。菩提は「悟り」、薩たは「衆生」の意味で、悟りを求める衆生というのが原義です。
すでに如来になる力があるのに、あえてならずに衆生の近くで働き、如来の補佐役を務め、有能なアシスタントとして活躍します。釈迦三尊や、阿弥陀三尊など二菩薩が如来に従います。
お姿としては成道前のお釈迦様の王子時代をモデルとするため、古代インド時代のファッションが元になっているので、装飾品を多く身につけ、裳というスカートのような衣類を着ています。胸飾りや、宝冠、上腕にはめた臂釧(ひせん)、前腕の腕釧(わんせん)、イヤリングに相当する耳環(じかん)などで飾ります。如来とは違いとてもきらびやかなお姿をされているのが特徴です。
仏様が手にしている持物も多く見ることができ、その種類は多種多様です。
持物は仏像のご利益などを象徴するもので、一つ一つに意味があり、救済の手段をあらわしています。
もっとも多く見られるのは蓮の花(蓮華)です。蓮華は仏の慈悲の清浄さと、本来人々が持っていて仏の慈悲によってあらわれる清らかな心の象徴とされているからです。
如来像ではいなかった多面多臂像もあり、それだけ救済のための多くの手段があることを表します。
菩薩は大乗仏教の「上求菩提・下化衆生」(じょうくぼだい・げけしゅじょう)といった、悟りを求めるのと同時に現実に衆生を救済することにも力を出すといったテーマに則り、人々の生活に密着する形でいろいろな救済の方法を講じてくれます。したがってできるだけ多くの人々を助けるには。顔や手も沢山あった方が良いという発想から生み出されました。
手や顔の数を増やすというのは、仏様の力を示す上で非常にわかりやすい手法と言えます。

文殊菩薩(妙吉祥菩薩)について

文殊菩薩はサンスクリットでマンジュシュリーといい、音訳して文殊師利(もんじゅしり)と書き、その略称文殊を菩薩名とします。
大乗仏教以来、観音菩薩とならんで人々の信仰を集め、人気を博したほとけ様で、三人寄れば文殊の知恵という言葉がありますように、文殊菩薩は悟りをひらくために必要な般若の智慧を象徴する仏様です。
この智慧とは知識の事ではなく正しく物事を見極めることを指します。
経典の中でも、華厳経(けごんきょう)の入法界品(にゅうほうかいぼん)というチャプターでは善財童子(ぜんざいどうじ)が文殊菩薩にみちびかれて修行をまっとうする物語があります。
善財童子は、文殊の大悲と大智によって、煩悩に明け暮れる自分を救って欲しいと懇願します。すると文殊菩薩は童子に真実の世界を見せるために、五十三人の善智識(仏道やさとりにみちびく僧や人)を訪問して教えを受けなさいと勧めました。修行の段階をふみながら五十三人を訪ねて旅をした結果、最後に普賢菩薩の所で悟りを開くという、菩薩行の理想者として描かれています。
善智識の中には比丘や比丘尼、遊女と思われる方や、童男、童女も含まれています。
一説には、江戸時代に整備された東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ)の五十三の宿場は、善財童子(ぜんざいどうじ)の五十三人の善智識(ぜんちしき)の数にもとづくものとされています。
維摩経(ゆいまぎょう)では文殊菩薩は、維摩居士(ゆいまこじ)と空について問答をし、弁舌に長けた智者として描かれています。
ご真言はオンアラハシャノウといいますが、これはサンスクリットのアルファベットの最初の5文字「ア・ラ・パ・チャ・ナ」のことで、智恵の面がクローズアップされています。
この五字を真言とする文殊菩薩があり、「五字文殊」あるいは「五髻文殊」と呼ばれます。
卯年生まれの守り本尊で、十三仏の信仰では、三七日を司る仏とされています。

文殊菩薩(妙吉祥菩薩)の見方

菩薩は悟りを開いて仏(如来)になる資格がありながら、衆生に近いところにあえてこの世界にとどまって救済することに奮闘する存在であり、原語のボディ・サットヴァは一つには出家前のお釈迦様、すなわち王子であった時代のお姿をモデルとするため、古代インド時代の王族のファッションが元になっています。 装飾品を多く身につけ、裳というスカートのような衣類を着ています。
胸飾りや、宝冠、上腕にはめた臂釧(ひせん)、前腕の腕釧(わんせん)、イヤリングに相当する耳環(じかん)などで飾ります。
如来とは違いとてもきらびやかなお姿をされているのが特徴です。
菩薩の中に地蔵菩薩がありますが、中国・日本では例外として僧形で表されます。
頭髪の髷の数によって、一髻文殊、五髻文殊、八髻文殊などともよばれます。
日本の五髻文殊は、頭上に五つの髻を戴き、右手に智慧の象徴であり、煩悩を断ち切る剣、左手に主要な大乗経典である般若経を収めた梵篋もしくは経巻を載せた蓮華を持っています。
顕教系では右手に如意を持ちます。
三尊形式の釈迦三尊の場合は、象に乗る普賢菩薩と対応しまして、獅子に乗る姿に表現されています。
日本の五字文殊とチベットの文殊菩薩のお姿は非常に似ており、後者は剣を振り上げるお姿で、同一の起源であるとされています。
観音にはおよびませんが、文殊もチベットで人気の高い菩薩であります。
他にも両手で説法印を結んでいて、いずれかの手からも蓮の茎が伸び、その先に開いた蓮華の上には剣と梵篋を載せるお姿や、左手に施無畏印、右手に与願印を結び、いずれかの手からも蓮の茎が伸び、その先に開いた蓮華の上には剣と梵篋を載せるお姿もあります。
説法印を示すのも、文殊が智慧をつかさどる仏として、人々に教えを説くことを表します。
チベット最大の学僧ツォンカパは、現在、チベットの四大宗派の中で最大勢力を持つゲルク派の開祖として知られます。文殊菩薩とのつながりが大変深く、そのすぐれた学識から、文殊の化身とも信じられています。
従いましてその姿を表現する時も文殊の姿になぞらえます。右に智慧をあらわす剣と、左に経典を収めた梵篋(ぼんきょう)を載せた蓮華を持つ姿で表現されます。

商品内容

商品名【香合仏(こうごうぶつ)】文殊菩薩(妙吉祥菩薩)小さな仏像4.5cm
サイズ高さ4.5cm×横幅3cm
仕様材質:木製
仕上げ:
商品お届けの目安時期4〜7営業日
※お急ぎの場合は別途ご連絡ください。可能な限り対応させていただきます。(買付けなどで対応が難しい場合を除く)
※納期は変動する場合がございます。正式な納期は、受注確認メールにてお知らせさせて頂きます。

おすすめ商品


FAXでのご注文商品に関するお問い合わせ


杉山 学

こんにちは。仏教アートギャラリー多羅堂の杉山です。
大阪市西区新町で仏像専門店を営んでおります。多羅堂は仏像の専門知識を持ち、僧侶の僧籍を持った私が運営する、仏教美術の専門店です。仏像は色んな種類や材質の違いがあり、選び方が難しく、また価格帯も様々です。
多羅堂では専門店ならではのわかりやすい説明、電話相談など、日本一安心できるお店を目指し日々精進しています。

Top