• ご利用案内
  • 当店について
  • 仏像の選び方
  • よくある質問
  • お客様の声

ほら貝・法螺貝・ホラガイ(シャンカ) 持金剛【送料無料】

販売価格 38,000円(内税)
購入数


この商品は全国送料無料でお届けします。

商品内容

商品名ほら貝・法螺貝・ホラガイ(シャンカ)持金剛【送料無料】
サイズ高さ8cm×縦19cm×横幅11cm
仕様材質:法螺貝
仕上げ:彫刻
商品お届けの目安時期4〜7営業日
※お急ぎの場合は別途ご連絡ください。可能な限り対応させていただきます。(買付けなどで対応が難しい場合を除く)
※納期は変動する場合がございます。正式な納期は、受注確認メールにてお知らせさせて頂きます。
ほら貝・法螺貝・ホラガイ(シャンカ)【送料無料】
▲ 正面
ほら貝・法螺貝・ホラガイ(シャンカ)【送料無料】
▲ 右側
ほら貝・法螺貝・ホラガイ(シャンカ)【送料無料】
▲ 左側
ほら貝・法螺貝・ホラガイ(シャンカ)【送料無料】
▲ 裏側
ほら貝・法螺貝・ホラガイ(シャンカ)【送料無料】
▲ 一部拡大
ほら貝・法螺貝・ホラガイ(シャンカ)【送料無料】
▲ 上部

ほら貝・法螺貝・ホラガイ(シャンカ)持金剛【送料無料】について

美しい曲線の法螺貝に持金剛が生き生きと彫られております。
先端から裏側まで、360°立体的に彫刻があしらわれております。
法螺貝はその奏でられる音そのものが法音とされますし、法螺貝自体も清浄のシンボルであるとてもありがたいものです。
大きさからも存在感があり、美術品としても楽しんでいただけます。

シャンカ(法螺貝)について

純白で清浄のシンボルで、奏でる音は法音を表します。また法輪と同じくブッダの説法のシンボルとされます。
千手観音が持物として持たれ、帝釈天がこれを持するお姿の像もあります。
法螺貝は日本の修験者である山伏(やまぶし)の持ち物として知られていますが、山伏(やまぶし)とは、山に伏して修行することから山伏(やまぶし)といい、山と一体化した山林修行者です。
この修行より験力を修めることから修験者(しゅげんじゃ)といいます。
「験」とは山の持つ神聖な力のことを指します。
修験者(しゅげんじゃ)とは、山の持つ聖なる力を自分のものとした修行者で、人々の願いに応じてその力を発揮します。
山伏(やまぶし)は儀式を始める際や、いろいろな行事の合図にこれを奏でます。日本においては昔は山の中に狼や猪などの猛獣がたくさんいました。そういう獣を避けるためにも法螺を奏でました。
インドの神様であるヴィシュヌ紳のシンボルでもあり、チベット仏教などでは、法螺の絵を仏教のシンボルとして描かれます。

シャンカ(法螺貝)の特徴

シャンカ・法螺貝(ほらがい)は八吉祥(はちきっしょう)というチベットの伝統的な有難い八つのシンボルの一つでもあります。
八吉祥(はちきっしょう)とはチベットでは「タシタゲ」と呼ばれ、 嵋[悄廖覆曚Δ蠅鵝豊◆嵋〕羈」(ほらがい)「幢幡」(どうばん)ぁ峪嘘検廖覆気鵑い)ァ嶇_據廖覆譴鵑押豊Α嵒咫廖覆咾腓Α豊А峩盡顱廖覆んり)─峙半揺魁廖覆っしょうひも)の八つです。
 嵋[悄廚賄召犬栃法を弘めることを象徴します。
◆嵋〕羈」は解脱を告げることを表します。
「幢幡」(どうばん)は仏教の勝利を表しています。
ぁ峪嘘検廖覆気鵑い)は悪鬼から身を守り、幸運を表します。
ァ嶇_據廚論蕎瑤鯢修靴泙后
Α嵒咫廚鷲塹敬垰爐凌紊簓垰爐隆渡で満ちている瓶です。
А峩盡顱廖覆んり)はこの世の苦難から救済されることを象徴しています。
─峙半揺魁廚鰐妓造良海弔泙蠅弔覆った終わりのない紐で、慈悲の無限さを象徴します。
  八吉祥はチベット文化圏に広く浸透していて、仏教法具や仏画(タンカ)飾りつけなど多く用いられます。

シャンカ(法螺貝)の使い方

法螺貝は、巻貝の殻を用います。
表面に彫刻を施したり、銀(シルバー)製飾りを付けたものや歌口をつけるものなど、種々の物があります。殻は古くから吹奏用の楽器として使われ、軍陣で進退の合図に用いられたり、また修験道(しゅげんどう)の法具として山伏(やまぶし)が用います。
ただ単に合図として用いられるだけではなく、邪気を払い、またその音自体が仏の説法であるとされています。
音を奏でるのは大変な技術が必要です。
この法螺貝を吹く音が大きいところから思いがけない大儲けをすることなどをほらといったり、うそをつくことや大袈裟に言うこと、嘘をつくことをほらを吹くというようになりました。
このことから法螺貝を奏でることを、法螺を吹くとは言わず、法螺をたてる言います。
チベットでは法螺貝はドゥンカルといい、法要の他に僧侶の参集の合図にも用いられます。
小さな螺貝は吉祥なものとして清浄水を入れ供物として用いられtリ、更に、極小の螺貝は仏像の胎内納入物として用いられます。
※ 吹き口がついていないものもあります

持金剛について

後期密教では大日経や金剛頂経の教主である、大日如来に代わって金剛薩たが五仏より上位に置かれる本初仏(ほんしょぶつ)・持金剛へと発展し、最高の尊格となりました。
密教の中心的尊格として、種々の曼荼羅や密教仏を描いたタンカの上部に配されます。
また独尊としても描かれます。この尊格こそ、すべての密教の尊格の頂点に位することを示しています。
後期密教では八十四成就者(はちじゅうよんじょうじゅしゃ)といって、密教の修行を専業とする行者が出現しますが、彼らのうちで宗教的成就を得たものは成就者といいますが、彼らの多くは一般社会に溶け込み、妻帯者の方も少なくありません。
配偶者を持って描かれている成就者もいますが、後期密教においては、その一部の修行では、、女性のパートナーが必要と考えられてからであります。
著名な成就者は一般に八十四成就者(はちじゅうよんじょうじゅしゃ)と数えられています。持金剛は、八十四成就者(はちじゅうよんじょうじゅしゃ)を描いたタンカの本尊ともされています。
右手に金剛杵を持ち、左手に金剛鈴を持つのですが、金剛杵とはもとはインドにおける武器の一種でしたが、仏教に取り入れられ、密教の代表的な法具となり、いかなる煩悩や苦悩も破壊するとされています。
金剛とは永遠に壊れないものという意味であり、漢字名からは最高の硬度を持つ杵となります。
金剛鈴は修法の時に諸尊を驚覚し、喜ばせるために鳴らす鋳銅製の楽器の一種です。
金剛杵の一方に深い鉢を伏せたような鈴身を作り、中に棒状の舌を釣り下げ、振り動かすことによって舌が鈴身の口縁を打って音を発っします。
柄は、五鈷(ごこ)、三鈷(さんこ)、独鈷(とっこ)などの種類がありますが、普通には五鈷鈴(ごこれい)が最も用いられています。
金剛鈴(ごこれい)は定めに従ってこれを振って鳴らすのですが、これを振鈴(しんれい)といい、振鈴(しんれい)には驚覚(きょうがく)・歓喜(かんき)・説法(せっぽう)の三義があるとされています。
驚覚(きょうがく)とは修法に際して、定に入っている本尊や諸尊を呼び覚ますことであり、歓喜とは文字通り諸尊に音楽を供養して喜ばせること、そして説法とは衆生への説法であり、いうならば人語を超えた説法であります。
もとはインドにおける風習で、客人を招いて、客が席に着き終わると先ず音楽を奏して喜ばせたものであります。 鈴の音楽がよく人の心を喜ばせるところから、金剛鈴は歓喜を象徴するものとされています。

持金剛の見方

持金剛は金剛薩たと同じく宝冠を戴く菩薩形です。
菩薩は悟りを開いて仏(如来)になる資格がありながら、衆生に近いところにあえてこの世界にとどまって救済することに奮闘する存在であり、原語のボディ・サットヴァは一つには出家前のお釈迦様、すなわち王子であった時代のお姿をモデルとするため、古代インド時代の王族のファッションが元になっています。
装飾品を多く身につけ、裳というスカートのような衣類を着ています。
胸飾りや、宝冠、上腕にはめた臂釧(ひせん)、前腕の腕釧(わんせん)、イヤリングに相当する耳環(じかん)などで飾ります。如来とは違いとてもきらびやかなお姿をされているのが特徴です。
菩薩の中に地蔵菩薩がありますが、中国・日本では例外として僧形で表されます。
金剛薩たの身の色が白色表されるのとは違い、ほとんどが青色です。そして金剛薩たと同じく、右手には金剛杵、左手には金剛鈴を持ちますが、金剛薩たとは異なり、両手を胸前で交叉させております。
これらの持物は、金剛薩たから受け継いだもので、金剛杵は方便を、金剛鈴は般若すなわち智慧を表します。
密教では般若と方便がともにそなわることで、悟りの境地に達すると考えられまして、この両方を併せ持つ金剛薩たと持金剛はそれを体現していると考えられたからであります。
両手を交差させるポーズは、日本の密教でも降三世明王(ごうざんぜみょうおう)と同じで、金剛薩たやその前身である金剛手と同体とみなされます。
妃を伴う父母仏(ヤブユム)の作例も見られ、妃を抱擁するポーズをしています。

商品内容

商品名ほら貝・法螺貝・ホラガイ(シャンカ)持金剛【送料無料】
サイズ高さ8cm×縦19cm×横幅11cm
仕様材質:法螺貝
仕上げ:彫刻
商品お届けの目安時期4〜7営業日
※お急ぎの場合は別途ご連絡ください。可能な限り対応させていただきます。(買付けなどで対応が難しい場合を除く)
※納期は変動する場合がございます。正式な納期は、受注確認メールにてお知らせさせて頂きます。

おすすめ商品


FAXでのご注文商品に関するお問い合わせ


杉山 学

こんにちは。仏教アートギャラリー多羅堂の杉山です。
大阪市西区新町で仏像専門店を営んでおります。多羅堂は仏像の専門知識を持ち、僧侶の僧籍を持った私が運営する、仏教美術の専門店です。仏像は色んな種類や材質の違いがあり、選び方が難しく、また価格帯も様々です。
多羅堂では専門店ならではのわかりやすい説明、電話相談など、日本一安心できるお店を目指し日々精進しています。

Top