• ご利用案内
  • 当店について
  • 仏像の選び方
  • よくある質問
  • お客様の声

【プルパ】チベット 大黒天 密教法具【送料無料】

販売価格 13,500円(内税)
購入数


この商品は全国送料無料でお届けします。

商品内容

商品名【プルパ】チベット 大黒天 密教法具【送料無料】
サイズ高さ13cm×横幅4cm
仕様材質:銅製
仕上げ:金メッキ仕上げ
商品お届けの目安時期4〜7営業日
※お急ぎの場合は別途ご連絡ください。可能な限り対応させていただきます。(買付けなどで対応が難しい場合を除く)
※納期は変動する場合がございます。正式な納期は、受注確認メールにてお知らせさせて頂きます。
【プルパ】チベット 大黒天 密教法具【送料無料】
▲ 全体
【プルパ】チベット 大黒天 密教法具【送料無料】
▲ 上部
【プルパ】チベット 大黒天 密教法具【送料無料】
▲ 先端
【プルパ】チベット 大黒天 密教法具【送料無料】
▲ 先端
【プルパ】チベット 大黒天 密教法具【送料無料】
▲ 裏側

【プルパ】チベット 大黒天 密教法具【送料無料】について

銅製のプルパに金メッキで仕上げられております。細かな彫刻がされております。
その恐ろしい顔はまさに魔をよせつけない表情といったところでしょう。
大黒天は二臂で右手にカルタリ(曲刀)を左手に髑髏杯(カパーラ)を持っております。

プルパ(金剛けつ)の特徴

この法具は、金剛薩た、文殊菩薩、観音菩薩の忿怒の力の結晶と言われていて、「フーム」という真言の力を具現化したものです。
魔が入って来ないようにする魔除けや自身の煩悩を打ち砕く法具です。
プルパは文字通りには杭を意味しますが、魔術的な剣ともいわれます。
三角の刃をもち、柄には金剛杵やプルパに内在する尊格の頭部、もしくはその両方が細工しています。
日本では密教寺院の内陣に大壇がありますが、その四隅にある四本の金色の柱のことです。
僧侶が修法をする際に修法の場である道場に、一切の魔の侵入を防ぐ結界であります。
修法壇とは、ほとけが来臨する場であります。僧侶は修法の際に観想(かんそう)といってイマジネーションを用いて結界をしますが、同時に自らの煩悩も浄めます。

プルパ(金剛けつ こんごうけつ)について

プルパは文字通りには杭を意味しますが、魔術的な剣ともいわれます。
三角の刃をもち、柄には金剛杵やプルパに内在する尊格の頭部、もしくはその両方が細工しています。
馬頭金剛(ハヤグリーヴァ)の忿怒の面が三面あって、面上に五鈷や九鈷、馬を戴きます。中には菩薩面のものもあります。
握処の上部は蛇縄で下は蓮弁になっていて、その下に海の怪獣マカラがやじりをくわえ、それより逃げようとする蛇が付くものもあります。
額上の五つの髑髏は能断すべき五蘊または悪魔を意味し、先端部分の橛の三角は、忿怒・降伏などを意味します。
台座にはしばしば断除すべき煩悩を意味する髑髏を付けます。
材質としては金属(銅・銅鍍金・鋼・鉄・銀)、木製、象牙、水晶などがあります。
プルパを仏格化した忿怒尊として仏画(タンカ)や尊像としても造像されます。
ヴァジュラ・キーラがそれで、三眼で三面六臂、髑髏冠をかぶり、生首の輪を首に掛け、腰には虎皮裙(こひくん)、胸前の第一手でキーラ(プルパ)を挟んで、右手の第二、第三の手で金剛杵を、左手で三叉戟を持ちます。足下には死体を踏みつけ、背中には羽根をつけます。
そして明妃ディープタチャクラーを抱く忿怒のお姿です。

大黒天について

大黒天はサンスクリット語でマハーカーラといい、摩訶迦羅(マカキャラ)と音写されます。
マハーカーラとは(マハー=大きい カーラ=暗黒)で大きな暗黒を意味し、大自在天の化身とされ、戦闘・財福・冥界の神の性格を持っています。
インドやチベットでは、シヴァ神の化身ともいわれ、破壊の神のイメージが強い姿であります。
仏教に取り入れられた後も、仏法守護の役を持つ忿怒天でありました。
出雲神話に登場する大国主命(大己貴神)(おおくにぬしのみこと・おおなむち)は大黒天と同じように袋を背負います。また大国主命(おおくにぬしのみこと)および大己貴神(おおなむち)がダイコクとも読めます。そのため、大黒天と大国主神が習合し、同一視されるようになりました。
そして豊作の神、家の神として祀られるようになりました。
白鼠が大黒天の使いとされるのは、大国主神が根の堅洲の国に住む素戔鳴尊(すさのおのみこと)にさまざまな試練をあたえられ、鼠に救われるという古事記の話に由来しています。
またマングースの存在を知らなかった中国でその大替表現とした動物であります。
インドでは厨房の神としても信仰されていて、それが中国を経て日本にも伝わり、平安時代には寺院の食堂などに像が祀られるようになりました。その厨房の仏としての信仰が福徳をもたらす仏となりました。
日本では室町時代以降は弁才天と共に七福神の一尊として加えられ、絶対的に人気のある福の神となっていきました。

大黒天の見方

日本ではインドのオリジナルには似てもにつかない独自の図像で、頭に大きな頭巾をのせ、大きな袋を背負って打出の小槌を持ち、米俵の上に立って笑っているお姿をした福神として知られています。
チベットなど他のアジア諸国では色々なお姿がありますが、その中でも割と一般的な六臂のマハーカーラは、真っ黒な体の忿怒相で眉間に第三の目があり、焔髪(えんぱつ)、蛇や髑髏の飾りを身につけて象の皮をはおり、右側の手にはカルトリ(曲刀)を持ち、左の手にはカパーラ(髑髏の杯)、髑髏の数珠、三叉戟(さんさげき)、ダマル(デンデン太鼓のような楽器)、索(さく)を持ちます。これらはシヴァ紳の持ち物に由来します。
主に諸尊が右手にカルタリ(曲刀)を持つのに対して、左手にカパーラ(髑髏の杯)を持ちます。
これはわれわれが本来的に持っている六つの根本煩悩(貪・瞋・癡・慢・疑・悪見 とん・じ・ち・まん・ぎ・あっけん)を断ずることを標識するものであります。
ネパールでの大黒天での大衆の人気は高く、寺院の守護神とされ、二臂や六臂など様々なお姿があります。またガネーシャと一対となって寺院の入り口におられることがあります。

プルパ(金剛けつ こんごうけつ)の使い方

儀礼を行う僧侶が一人から複数人プルパを手にして、作法をし、真言を唱えて効果を高めてそこにプルパを打ち込みます。
両手の掌ですり、顔前で空転させて次いで背後に廻すなどの様々な方法が伝わっています。

商品内容

商品名【プルパ】チベット 大黒天 密教法具【送料無料】
サイズ高さ13cm×横幅4cm
仕様材質:銅製
仕上げ:金メッキ仕上げ
商品お届けの目安時期4〜7営業日
※お急ぎの場合は別途ご連絡ください。可能な限り対応させていただきます。(買付けなどで対応が難しい場合を除く)
※納期は変動する場合がございます。正式な納期は、受注確認メールにてお知らせさせて頂きます。

おすすめ商品


FAXでのご注文商品に関するお問い合わせ


杉山 学

こんにちは。仏教アートギャラリー多羅堂の杉山です。
大阪市西区新町で仏像専門店を営んでおります。多羅堂は仏像の専門知識を持ち、僧侶の僧籍を持った私が運営する、仏教美術の専門店です。仏像は色んな種類や材質の違いがあり、選び方が難しく、また価格帯も様々です。
多羅堂では専門店ならではのわかりやすい説明、電話相談など、日本一安心できるお店を目指し日々精進しています。

Top